一般社団法人ユニバーサル・アーツ・アカデミー™️(UAA)は、生きること、いのちの尊さに重きを置き、自らの人生を生きるための実践的な知識を普及。また、社会、文化、思想、価値観についての教養の深化により、自らが主体的に駆使、応用することでグローバル化の進む諸領域の創生、発展に貢献することを目指し、スター・ダイアログ™️・プログラム、体感アスペクト™️などの各種講座や勉強会、研究会を開催しています。

正式名称

一般社団法人ユニバーサル・アーツ・アカデミー

Universal Arts Academy(UAA)

設立

2020年2月14日

所在地

​連絡先

〒 111-0035

 東京都台東区西浅草2-12-1-305

 TEL 0800-808-2020

 Eメール info@u-a-academy.org

代表理事

かじのあや

ふたご座のオーバーロードらしさを発揮し、園芸、不動産、建築、食品、セラピスト、販売員、農業など多種多様な職種を経験。会社員勤め、交代制勤務も経験する中「ココロとカラダをつなぐ」ことの重要性に気づき、アロマテラピーと出会いセラピストを目指すも、自らの魂が望む方向との違いに気付いてから「ココロとカラダをつなぐ」をテーマに分野を問わず本質を探りながら、学びと実践・観察を続ける。

2017年初頭、ルミナ山下氏のブログと出会い、衝撃を受け、星読みの奥深さ・魅力にハマる。2018年夏「体感アスペクト」の受講をキッカケに、糸かけマンダラとホロスコープを融合したアルケミーアート「カラーリング*ホロスコープ」を開発。2019年エドロックアートコンペにてアート作品として出展し、受賞を果たす。

現在、パートナーと珈琲茶房「光香」を営みながら星、カラー、カラダ、コトバ等について日々観察を行いながら、創作活動を行う。

2019年10月ルミナ山下個展でディレクターを務めたことをきっかけに、セミナー事務局を経て、2020年(一社)ユニバーサル・アーツ・アカデミーの設立に携わり、代表理事として参画する。

学長・理事

Lumina Grace Yamashita

赤線地帯の芸者コミュニティで生まれ、里子として様々な家を転々とする幼少期から人はなぜ生きるのか、生まれてくる意味があるのかを探求し、学生時代は心理学、社会心理学を学ぶ。

2005年、“大きないのち”とのつながりを感じる体験をし、4年間の浄化後、東洋整体など学び、2010年よりセラピスト・カウンセラーとして独立。カウンセリングを通じて1万人以上のホロスコープと人生に出会い、人の成長や人生を占星学と結び合わせたプログラムを構築し全国でセミナーを展開。

近年、化学調味料ゼロ、オーガニック食品のプロデュースやプロダクト開発、オリーブオイルの海外輸入なども手掛け、「いのち」から始まる暮らしの提案、生産者とつながるサスティナブルな社会創造をするオーガニック社会起業家としても注目を浴びる。

アートや音楽・文化活動、映画への出演など多岐にわたる活動を行い、そのメッセージは多方面に影響を与え続けている。著書に「天空のソウルメッセージ」(KADOKAWA)、「新月Pink 満月Blue 願いを叶えるFortune Note」(永岡書店)、「星座別 運を呼び込む幸せレシピ」(キラジェンヌ)がある。

理事

​大西孝治

1954年 香川県丸亀市に生まれる。  

地元高校を卒業後、地元企業に勤める。  研究開発部門で、接着剤の研究開発及び健康食品の改良開発に携わる。  

1984年、30歳の時に転職し、神奈川県横浜市へ転居する。  総合電機メーカーで、パーソナルコンピューターの製造検査、クリーンルームの環境管理、環境ISOの事務局、人工衛星の製作に関わり、多岐多様な仕事を経験する。 

簿記検定2級、行政書士等の23種類の公的資格を取得する。  

2014年、会社を退職することに伴い、東京都台東区へ転居する。  

2017年9月に、ルミナ山下さん主催の、ビジョンクリエイション占星術セミナーと出会う。  宇宙の動き 星の運航と、自分の人生とが リンクしていることの不思議さに魅了され、  数多くの、勉強会、セミナー等に出席し、星の学びがライフワークであると思うようになる。  

2020年、新しく設立された(一社)ユニバーサル・アーツ・アカデミーへ、理事として参画する。

2020年2月14日、古来より脈々と受け継がれている叡智全般を普及することを目指し、一般社団法人ユニバーサル・アーツ・アカデミーは誕生しました。

その誕生に関わることが出来たことを光栄に思いつつ、背筋が伸びる思いでいます。ひとりひとりが主体性を持ち、活動できる組織体へと、会員の皆さまと共に「アカデミー」を大切に育んでいけましたら幸いです。

 

わたしたち人類が追い求め、共にある「普遍性」。

今、時代はうお座の時代からみずがめ座の時代「普遍性」の時代に移り変わろうとしています。

日本も「令和」という時代を迎え、国としても変革の時を迎えています。2020年の現在「変革する」そんな宇宙の意思が流れて来ています。

あまりにも長い間、わたしたちは「ピュアであること」を忘れてしまうような時代を生きてきました。

「わたしとは?」最もシンプルな問いかけになかなか気づけなくなっている現代のわたしたち。それに気づき「わたしをいきる」ことを宇宙の意思により、促されている時代の波。

当アカデミーが提供するのは「わたしとは?」「いのちとは?」といったシンプルな問いかけと向き合う内容です。

講座を通じて、自分自身を客観視し、内観し「わたしとは?」という問いと向き合い、この変革を迎えている時代に、ひとりひとりが主体的に生きることを実現していくことに寄与できましたら幸いです。

「星読みを越えて~いのちとたましいの学びの場~」

 

こんにちは、ルミナです。スピリチュアリティのもとに星のメッセージを伝え始めて10年。伝え始めたころは星の動きがわたしたちの暮らしや人生に影響することはある種のオカルト、ファンタジーのように思われていた時代です。今や、星の動きは認知され、多くの方が星とともにあることを感じるようになってきました。

 星を感じることは特別なことでしょうか?いえ、誰もが感じることができます。

目に見えない風が頬を撫でるのを感じることと同じように。

 

よく誤解されますが、わたしは占星術師ではありません。星や宇宙の情報は、わたしたち人間全体の「いのち」と「たましい」のことだとわたしは感じています。

 わたしたちは、目に見えるモノだけで生きているのではないことを多くの人は潜在的に知っています。 日本人は目に見えない世界を古より感じ、大切にしてきた民族でもあります。暮らしから離れてしまうものではなく、懐古主義でもなく、今一度、わたしたちは本来のスピリチュアリティ、全体性を取り戻し、「いのち」を真ん中に生きることが求められています。

「いのち」を真ん中に生きる時、わたしたちは見えない存在、たましいの働きに気づき、このいのちが大きな全体性の中にあることがわかります。そのことがわかると人はそれぞれの創造性を発揮しながらも秩序が生まれ、世界に調和が生まれます。

 

ユニバーサル・アーツ・アカデミーは、星読みを越えて、普遍的な視点から「いのち」と「たましい」をとらえ、ともに学び、共有していく場として、叡智、知恵を新しい形で新しい時代に受け継いでいく場として、生まれました。ここでは、全員が教師で全員が生徒です。

みなさんと一緒に学びあえることを楽しみにしています。

一般社団法人

ユニバーサル・アーツ・アカデミー

受講の流れ

〒 111-0035 東京都台東区西浅草2-12-1-305

TEL 0800-808-2020

Eメール info@u-a-academy.org

*お問合せはメールにてお願いします。

一般社団法人ユニバーサル・アーツ・アカデミー™️は、生きること、いのちの尊さに重きを置き、自らの人生を生きるための実践的な知識の普及、及び社会、文化、思想、価値観についての教養の深化により、自らが主体的に駆使、応用することでグローバル化の進む諸領域の創生、発展に貢献することを目指す会員組織です。