ルミナ学長×村川恭介さん(宇宙基地設計士)対談    「ゼロからの創造~偉大なるリセット・人間の創造性とは~」



ルミナです。

27日㈰10時~12時「ゼロからの創造~偉大なるリセット・人間の創造性とは~」

というテーマで宇宙基地設計士であり、

NPO日本火星協会代表の村川恭介さんと対談をさせていただきます。


村川さんはもともと一般住宅の建築士だったそうですが

みなさんの理想の家をヒアリングしていくうちに

多くの人のいう理想の家がすでに過去にあるものであったり、

世界のどこかにあるものであることに気付き、

人間の理想とは何か?

人間の理想の原点は?

発想のプロセスは?

創造はどのように起こるのか?

そんなことを考えているうちに

一般住宅の建築士から宇宙建築へ興味が移ったという村川さん。



村川さんとの対談は

地球を捨てて火星移住しようという話ではありません。


わたしたちには「知恵」があります。

けれど、この知恵は、地球でしか使えない。

地球の考えで火星に行っても何もできません。

そこで火星の資源を使って何ができるか考えると

結局、我々の日常を見直すことが重要だと村川さんは言います。



わたしたちは地球の資源について

「あたりまえ」に考えています。

でも、火星ではそれは当たり前ではありません。

地球での創造性は出尽くしている。



今までできると思っていたことができなくなっている

昨日までできていたことがある日突然できなくなっている

(例:コロナ)

それは、これまで知識や技術で越えられると思われてきた。

けれど、実は過去の繰り返しでしかない。

火星を通じて地球を見たとき

新たな方向性、創造が生まれてくる。

これからの経済、宗教、教育、社会、コミュニティ・・・


そして、今、世界はバーチャルに移行してきている。

バーチャルで満たされていく。

我々は、何を目指してるのか?と村川さんは問いかけます。


そんな人間という存在の意味を問いかける村川さんのお話は

宇宙から地球、人間をもう一度新しい視点でとらえなおす機会になります。

まさに、それは、みずがめ座的視点。

宇宙から地球を感じる対談です。

みなさんとご一緒できることを楽しみにしています。



【村川恭介さんプロフィール】

村川恭介


神奈川県生まれ。

米国テキサス州ヒューストン大学建築学科大学院SICSA

(国際宇宙建築センター)にて宇宙建築プログラム卒業。

修士。


NASAや大手米国宇宙企業の研究者たちとともに、

宇宙ステーション、月面基地、

火星基地などの宇宙建築の共同研究に参加。

現在、日本火星協会にて火星や月に人間が住むための技術や

人間学を研究する活動を行っています。


出版:ハリー・スタイン著、村川恭介訳「宇宙で暮らす」築地書店

山本省三著、村川恭介監修「もしも宇宙でくらしたら」 WAVE出版

山本省三著、村川恭介監修「もしも月でくらしたら」WAVE出版




【開催日時】

2021年6月27日(日)10:00~