壮大なる「天と地のチャートから私を知る講座」のお知らせ

更新日:2020年12月7日

こんにちは。

ユニバーサルアールアカデミー事務局のナミです。


11月26日から募集を開始しした、

ユニバーサルアーツアカデミーの新しい講座、

「天と地のチャートから私をしる講座」のご紹介をします!


たいへん興味深く、面白く、壮大で

そして探求者にはわくわくするような講座を公開しました。


2020年に、ユニバーサルアーツアカデミー(UAA)の

公開講座やシェア会で、盛り上がってきました、龍頭図。

その後、カルマや次元も取り上げてきました。

これらすべてのことが、繋がり、体系的に学べる講座でもあります。


シェア会の中でも、とくに盛り上がってきたのが、

星読み、ホロスコープを見る方々の中でも

あまり知られていなかった天(魂)のチャートである龍頭図です。


この龍頭図をみたときに、西洋占星術のホロスコープでしっくりこなかったことが、

そうだったのか!と腑に落ちる感覚を持つ方もたくさんいらっしゃいました。

魂のはたらきが色濃く出ていたりすると、

通常の西洋占星術のネイタルチャートではしっくりこないかもしれません。


龍頭図のシェア会では、いろいろな方の事例をシェアしていただきました。

天(魂)のチャートをみることで、じぶんの特質にしっくりきたり、

私たちの先祖とのつながり、縁のつながり方など

感覚的にキャッチしてきたことを、カタチとなり理解して、

腑に落とすような体験となり、大変興味深いです。


その龍頭図を理解するのに必要な、インド占星術の概念があります。


この講座では、このインド占星術の概念、その中でも特に

ドラゴンヘッドテイルのことも詳しく取り上げます。

魂の構造、仏教の概念、さらにスピリチュアル概念も網羅して、

西洋占星術とインド占星術も統合したような内容となります。

ものすごい膨大な情報量です!





この半霊半物質世界は多次元が同時に存在する、

ということが起こります。

ということは、よくスピリチュアルの世界でも言われている、

2元性の観点からの相手を鏡としてみる、

じぶんの投影という観点では、

理解できないことも起こってきているのです。



今始まっている半霊半物質の世界が

どのような世界なのかを理解しておくことは、

実生活の中でも指針となるようになっていくと思います。



さらに、西洋占星術のホロスコープを読んできた方々に、

感動を持っていただく感想は、

「平面的から、立体的にホロスコープをみて

理解することができるようになった」です。

西洋占星術のホロスコープだけでは行き詰っていたところから、

世界が広がるような感想をいただきます。



「わたし」とは地(肉体)と天(魂)両方をもっています。


地上の器となる私たちのボディ、個人を完成するための

攻略方法が描かれた地のチャートは、西洋占星術から。



完成した地上の器に、龍の道が開くことで

天の喜びが降りてくることができます。

天の喜びは龍頭図から読み解けます。


龍の道は天の扉に繋がり、その扉を開く「鍵」は、

ドラゴンヘッドテイルに描かれています。