2021年6月13日 箱根芦ノ湖 体感アスペクト レポート

最終更新: 7月8日

こんにちは!ユニバーサルアーツアカデミー、ライティング担当のナミです。


2021年6月13日に箱根の芦ノ湖にて、体感アスペクトを実施しました。

今回の体感アスペクトは、総勢14名の方の再誕生となりました。

その前の2日間は、Heart & Earth Meditation Programを実施しており、

動と静の瞑想プログラムを通じて、天と地球と、身体が繋がる体感を

深めていきました。


その翌日からの体感アスペクト。


これまでの数回、

体感アスペクトの実施の時は、

天候が荒れて嵐の日が続いていたので、

快晴の中の体感アスペクトにプラクティショナーのみんなさんも

感動しながらの準備から始まりました。



まずは、オリエンテーションから。

本日の流れについて、説明です。



それから、フィールド作りと、

天体役のお面作りへ!


今回のお面たちは、

とっても美しい感じでした。


フィールドは、皆さんの再誕生の場となるため、プラクティショナーは、

お祈りをしてから入ります。

ふたつのフィールドで、

14名の再誕生。


さぁ、準備が整い、

いよいよ体感アスペクトの開始です!



ほとんどの方が、初めての参加ですが、

不思議がっていました。


天体のお面つけて、その場に立つと、

伝えるメッセージが湧いてくると。


それは、同じ天体でも、一人一人違い、

本当に1人として同じではない、

ということを、天体役をしていくことで、

体感していってしまいます。


また、アスペクトも、紙面のホロスコープで読む時感じなかったことでも、

吉凶はないのだということ、

たとえハードアスペクトと言われるものでも、テープを持つことだ伝わってくるメッセージがあります。


例えば、圧を加えることで、苦しみではなく、より大きく羽ばたかせるものだということも、アスペクトのテープを持つことで伝わってくるのです。


各自の天体からの、そのメッセージは、

ホロスコープの持ち主である、

中心に立つ人にぴったりのメッセージで、

心にすっと入っていきます。

中心に立つ人が、心からその意味を受け取っていきます。

そして、その人にしかわからない、

感動や震えるような喜びに繋がっていくことも。


魂の喜びに触れた時には、喜びに振動して、涙が止まらなくなることがあります。

わけもなく涙がとめどなく溢れてくるのです。


今回もその涙に対面しまして、

私たちもその喜びに、

共鳴させていただきました。


「この命を選んで生まれたのは、

私だったんだ」と、中心に立った時に、

身体の体感で、わかってしまうということが起こることもあります。



自分自身の命に、覚醒していく時の

なんともいえない感覚ですよね。

「そうだったんだ」と、

視界が明るく晴れていき、

自分自身の命に対して、

これまでの道のりに、

確信を持っていく時。

まさに、目覚めの時です。

今回も体感アスペクトの見学者を受け付け、その中には親子で参加する方も。


子どもたちが遊び回る中での

体感アスペクトになりました。


とても穏やかで、公園のように

いろいろな人が集う空気感で行い、

皆が主体的に関わり、スムーズで穏やかな

天国のような開催となりました。



新しいプラクティショナーも、

4名誕生予定!

試験は、合格するものではありません。

その在り方で、プラクティショナーになっていきます。


プラクティショナーがひくアスペクトのテープは、

その人の人生に触れるようなものです。

すべての命へのリスペクト。



体感アスペクト

次回開催は、2021年9月6日

パドマユカリストリさん主催、

名古屋開催です!

申込詳細こちら

⇒https://www.reservestock.jp/events/574638



転換期の方へ。

魂の再誕生を体感しに来てください。



当日のレポート

体感アスペクトプラクティショナーのページも

ぜひご覧ください!


福澤カオリ

「”ともにつくりあげる”理想郷がここに・・・!」

https://ameblo.jp/suifuukaoru/entry-12680629943.html


陽菜ヒロミ

「自己一致と癒しのワーク体感アスペクト」

https://ameblo.jp/pilates-h/entry-12680890044.html






17回の閲覧0件のコメント