9/15【キロンとハートチャクラとドラゴンヘッドテイル】 ルミナさん講座 

更新日:10月9日

こんにちは。U A Aブログライティングチーム

月よみボディセラピストの陽菜ヒロミです。



9月15日U A A学長ルミナさんの特別講義がありました。



平日の夜にも関わらず、多くの会員さまの興味を惹き、

50名ほどのリアルなご参加がありました。



わたし自身、この時間がとっても待ち遠しかったのです。


と言うのも


個人鑑定や体感アスペクトで

どう考えてもこのキロンが鍵じゃないか


そんなホロスコープにたくさん出会ってきたからです。



キロンの記号って鍵の形に見えますしね。






多くの場合、西洋占星術で使われる天体は

月や太陽をはじめ、10天体になります。


キロンは10天体には含まれません。



ここで「魂の傷と癒しの象徴・キロン」の

お話が飛び込んできたのは


わたしたちの魂が、次なる進化の時を迎えた

それが明確になってきたのかもしれません。



個人の最終領域を示す土星と

宇宙意識を拡げていく入口となる天王星。



キロンはその間を回ります。



規則に沿わず行ったり来たりし

50年かけて1周します。



まるで人の意識(土星まで)と

宇宙の領域(天王星から)を

縫い合わせて

つなぐかのようです。



長い人生の航海において

傷と癒しを象徴する天体。



傷なんて嫌だ、と思っても

誰しもがそれを持って

生まれてきちゃうのですよね。



どこにどういう形で現れるかは

人それぞれです。



キロンは1977年に発見されました。

比較的新しい惑星です。



惑星が発見されるときは、

その時代を映すと言われます。



ちなみにこの年は

スターウォーズが初公開された年です。

なんとも面白いシンクロだわ。



わたしたちの魂の成長において、

まず地球と繋がっていく過程があります。



その繋がりは

ハートチャクラを通して行われます。